あなたが何を持っていなくても case 12


 「私ね、あきらくん。あなたを好んでいることと、あなたのえがくものに親しんでいることは、別の感情なの」
「……もう少し頼むー」
「んっと。好きな歌手さんの歌は好きだよ。だけど、それが、歌手さんその人を好ましく思う理由には、なり得ないの」
「解した」
「君が私を好んでくれるのは、私のイラストが好きだから?」
「んーんー。関係ない」
「ね」
「うん。ただ、色音たんのイラストを好む理由の方には、君への好意が少なからず影響しているよ」
「わかるよ。好きな人の、生み出すものも好ましく感じる気持ちは、よくわかる。私は、生み出されたものを好む気持ちが、心を占めてしまって、盲目に、生み出した人の精神をも好んでしまうという種類の人たちに、理解を示せないの」
「外見的な魅力に心を奪われて、内面の質の是非を問わずに好んでしまうような。そんな安っぽい感情のことだね」
「……結構、強めに言うんだね、あきらくん」
「うん。僕も理解を示せないから。そういう価値観の人たちには」
「それだから、安心できるのかなあ。あきらくんが抱いてくれている好意の目は、ありのままの私を捉えてくれているんだって思うから」
「そうだよー色音ちゃん。君が、どれほど美しい絵を描こうが描かまいが、世界中を魅了する声を持っていてもいなくても、何百万のファンに囲まれていようがいまいが、それにわずかほども影響されない好意だよ。君が誰にも愛されていなくって、誰からも疎まれる人であっても、関係がないんだよ。誰かと比べたり、他人の評価を基準にして、君を好んでいるわけではないんだから」
「……最後の例えは、なんかちょっとひどくないかなあ……」
「うええ?」
「や、誰からも愛されず、みんなに嫌われててもっていうくだり」
「……っ。 たとえだよっ……! 嫌われてなんかないよ! 大丈夫だよお〜……」
「愛されてもないの?」
「僕が愛してるよっ……」
「…………。っ…………」
「……あ…………。待って今のはなし……」
「…………え……。え? な。なし……」
「ん違っ……う……! …………あり……」


 これ以上言葉を交わすと、なんだか心がぐちゃっとなってしまう気がして、2人は口をつぐんだ。
 先に色音が目をそらし、一瞬の沈黙の後に、背を向けた。ご飯どきでもないのに、台所へ向かおうとする色音の背中を見て、あきらは少しの音も立てず、タンポポの綿毛を包み込むように、優しく、両の腕で、色音の体を抱き寄せた。
 色音は、頭頂部に、あきらの湿った息を感じて、恥じらいながら目を瞑った。
 あきらにそれは目視できないが、色音が応じてくれたことを、何を見ずともわかっていた。首を少し前に傾け、色音の右の頬に、左の頬をあて、わずかに腕の力を入れて、抱きしめた。
 色音の体の力が、抜けた。
 一切の音が消えたように、部屋の空気は静まっている。心地よく耳に触れる音は、お互いの吐息だけである。
 長く短い静寂が、終わりを迎えた。

 「…………ほんとう。だから、ね」

プロフィール

日木 心(ヒノキ アキラ)

Author:日木 心(ヒノキ アキラ)
消して訪れないと、確信できる未来ほど、鮮明に強く文字に表わせられます。


憧れて、あきらめていること。

起こりえないと知っていることが、ここでは起きます。


そのためだけの、記録の場所です。