みていてくれたそれだけで case 9


 「君が初めて手紙をくれたのっていつだったっけ」
「僕が入院した時だよ」
「だったね。驚いたよ。手紙をくれたこともそうだけど、その内容が、“入院しました”だったから」
「隔離病棟っていうところに入ったから。携帯含めて一切の物の所持を認められていなかったんだよ」
「社会から隔離されていたんだね」
「うん。でも当時の僕の言葉で言うと、隔離ではなくて、保護されている感覚だった。社会のあらゆる便利な生活の道具や身分を失ったけれど、代わりに、社会から受けるあらゆる苦悩やストレスから守られていたんだよ」


 「私はね、君が病院から届けてくれた手紙を読んで、初めて君の心で思う言葉を聞けた気がしたんだ。だから、私も本心で応えようと思ったの。そうしたら、考えずとも先に病院へ足が向いてた」
「嬉しかった」
「君の涙を見たのも、その時が初めてだったね」
「僕が何も話せずにいたら、そっと髪を撫でてくれた。それで思いのせきが切れたんだよ。本当に、寂しくて、怖かったんだ」
「私には想像の出来ないことだったけれど、当時のあきらくんの目は、私がそれまでに見た中で、一番色あせていたの。その目から背けたらいけない気がした」


 「そう。僕を見てくれていたんだ。ただ僕を。それだけで、心が。救われたんだ」
「もっと早くに、気が付くこともできたかも知れないって、あの時は思ってた」
「僕は、気づいてもらいたくはなかった。ずっとずっと沈んで行って、底までいけば、何かが見えてくる気がしていたから。怖いのは、今の自分が、どこまでの深さにいるのかが分からないからだと、あの時は考えてた」


 「冬、だったね」
「うん。君はおしゃれだから、お見舞いに来てくれるときに、今日はどんな風なんだろうって、わくわくしてたよ」
「そんなこと考えてたの」
「ん……うん、まあ」


 「ふう……。手紙の整理はまた今度にするよ。今日は何か、ご馳走を作ろう。あきらくんの好きなものを、2人で」
「うん」


 入院の前後と、退院後のこれまでの記憶は、あきらにとってはありきたりなものではなく、多くが苦痛を共にしなくては語れぬものである。しかし、色音の口から生ずる言葉で紡ぐ思い出は、不思議と心を揺らすことなく語られたのであった。

プロフィール

日木 心(ヒノキ アキラ)

Author:日木 心(ヒノキ アキラ)
消して訪れないと、確信できる未来ほど、鮮明に強く文字に表わせられます。


憧れて、あきらめていること。

起こりえないと知っていることが、ここでは起きます。


そのためだけの、記録の場所です。